あなたの位置トップページ > 文化 > 詩詞石刻

清康有为葬母碑、众妙石刻

2018 03-22

詩詞石刻

葬母碑为白矾石,高1.6米、宽0.9米、厚0.13米。现边角多破缺,字体为古隶,为清末戊戌变法领袖康有为撰文并亲书,落款时间为“孔子二千四百六十八年丁巳九月六日(1917年) 弼德院副院长康有为撰文并书”。碑中记述康有为家庭情况及其母亲一世含辛茹苦,躬亲哺养子女和康有为变法失败,流亡海外,其弟康广仁被害于北平,康有为怕 母亲伤子之痛而隐瞒真情.以及未及尽孝道等事。康有为晚年信道,尤喜风水堪舆之学,兼及道藏之书。曾跑过许多名山大川,寻找栖息隐居之所,最后选择茅山, 常住道观过着似隐非隐的生活。自1916年起.他就在茅山亲自为其母相看墓地,经过反复多次比较勘测,最终选择了茅山白云观西北青龙山西侧的一块“风水宝地”,于1920年夏将其母亲灵柩自广东南海原籍运抵茅山安葬。他先后在茅山住了近4年时间,留下了大量墨宝真迹,其中元符宫内的一块康有为于戊辰年(1918年)四月书的“众妙”石刻较有价值。“众妙”每字大约一尺见方。

トップページ
概況
茅山観光地の紹介
全域の旅
美しい景色の写真
全景を漫遊
ムービー鑑賞
情報
観光客向けサービス
おすすめ旅プラン
観光スポット
元符万寧宮
祟禧万寿宮
華陽洞
仙人洞
喜客泉
抗戦勝利記念碑
新四軍記念館
その他
文化
道教文化
紅色文化
養生文化
詩詞石刻
プラン
おすすめグルメ
おすすめ宿泊施設
観光地内の交通
旅の王道プラン
おすすめ特産品
おすすめ娯楽
茅山湖
全体計画
重要プロジェクト
プロジェクト誘致
掲示板
オンライン掲示板

サイトの地図友情リンク プライバシー政策著作権声明常见问题 一般的な問題 アンケート

アドバイス

分享按钮