あなたの位置トップページ > 文化 > 詩詞石刻

顶宫龙池

2018 03-22

詩詞石刻

  顶宫龙池位于坎离宫西侧。“坎”、“离”是八卦中的两卦,分别代表水和火,坎离宫的两侧,西边属金,金生水,即龙池;东边是火,东属木,木生火,宝藏库终年香火不断。水火未济,终年不断,茅山道教渊源至今,茅山道院长盛不衰。

  龙池终年不涸,所以也称其为“天池”,传说为“神龙所都”。池之南侧 边立一巨型九龙壁。壁长19米,高6米,壁顶覆以绿色琉璃瓦,临池壁面之上,九条雕工精细、形态各异的蛟龙腾驾于涛涛碧浪之上,隐现于朵朵白云之间;壁下正中塑一硕大龙头,昂首挺立;龙身隐于九龙壁内,龙尾隐入水中,可谓“神龙见首不见尾”。

トップページ
概況
茅山観光地の紹介
全域の旅
美しい景色の写真
全景を漫遊
ムービー鑑賞
情報
観光客向けサービス
おすすめ旅プラン
観光スポット
元符万寧宮
祟禧万寿宮
華陽洞
仙人洞
喜客泉
抗戦勝利記念碑
新四軍記念館
その他
文化
道教文化
紅色文化
養生文化
詩詞石刻
プラン
おすすめグルメ
おすすめ宿泊施設
観光地内の交通
旅の王道プラン
おすすめ特産品
おすすめ娯楽
茅山湖
全体計画
重要プロジェクト
プロジェクト誘致
掲示板
オンライン掲示板

サイトの地図友情リンク プライバシー政策著作権声明常见问题 一般的な問題 アンケート

アドバイス

分享按钮