あなたの位置トップページ > 文化

道教文化は様々な要素が混在し、森羅万象を網羅している、その内容は非常に膨大で複雑かつ細かく分かれている。主に、道教神学、道教論理、道教哲学、道教金丹術、道教医学、道教文化等の豊かな内容からなっている。茅山道教は二千年の発展の歴史の中で、三茅真君を開山の祖として信仰し、道教の上清派発祥の地であり、「上清宗壇」と呼ばれている。

茅山は全国六大山地抗日根拠地の一つとして、全国愛国主義教育の模範基地であり、新四軍蘇南抗日根拠地の中心である。茅山紅色文化の子細は厚く、後世の人々を激励する数多くの物語が語りつかれ、しっかりと人々の心に刻まれている。

茅山は草木が青々と茂り、空気は非常新鮮である。茅山の生態では、観光地内に山と水が対照の妙をなし、動植物の種類も多く、森林のカバー率は91.6%まで達している。さらにその間に冷泉が散りばめられ、天然資源の組み合わせはとりわけ恵まれており、その環境の質も類にない高さにある。茅山は古より自然環境に恵まれており、養生資源も豊富である。明代の李時珍が『本草綱目』に書かれた薬剤のうちの380種類はここ茅山で採集したものであり、その中でも特に貴重なのが茅蒼術と太保黄精である。

茅山の文化歴史は非常に長く、かつ道教文化、革命文化、旅行文化と融合をしている。茅山歴史を記載した石刻の碑文もあれば、心躍る伝説の物語もある。有名人が茅山を賛美したエピソードを記した詩詞遊記もあれば、道教の伝統的宗教文化を体現するものもある。さらに新たな境地を模索する新文化もある。

トップページ
概況
茅山観光地の紹介
全域の旅
美しい景色の写真
全景を漫遊
ムービー鑑賞
情報
観光客向けサービス
おすすめ旅プラン
観光スポット
元符万寧宮
祟禧万寿宮
華陽洞
仙人洞
喜客泉
抗戦勝利記念碑
新四軍記念館
その他
文化
道教文化
紅色文化
養生文化
詩詞石刻
プラン
おすすめグルメ
おすすめ宿泊施設
観光地内の交通
旅の王道プラン
おすすめ特産品
おすすめ娯楽
茅山湖
全体計画
重要プロジェクト
プロジェクト誘致
掲示板
オンライン掲示板

サイトの地図友情リンク プライバシー政策著作権声明常见问题 一般的な問題 アンケート

アドバイス