その他

徳祐観
徳祐観は二茅峰の頂に位置し、敷地面積は1600㎡、元延祐年間(1314-1320年)に建てられ、二茅真君である茅固だけを祀るものであり、抗日戦争中に日本軍により焼かれた。清雍正、乾隆年間(1723―1795年)に全真派の道士である沈一清がこの寺院を再建した。1958年、徳祐観唯一残された3間の古い家屋もその他の用途のために解体された。今この寺院は全真派乾道を伝承している。



仁祐観
徳祐観は三茅峰の頂に位置し、敷地面積は1400㎡、主体は伝統的建築及び宗教スタイルを融合したもので、遺跡保護の上で宗教及び観光の需要を満たしている。この寺院は元延祐年間(1314-1320年)に建てられ、小茅君である茅衷だけを祀るものであり、抗日戦争中に日本軍により焼かれた。清雍正、乾隆年間(1723―1795年)に全真派の道士である沈一清がこの寺院を再建した。今この寺院は全真派乾道を伝承している。



非常道
非常道は観光地の山道の右側に位置し、名前は『道徳経』第一章の「道可道、非常道」に由来する。「非常道」は全長1.6キロ、道中に華存亭、抱朴亭、本草亭、隠居亭など休憩できる場所が4つある。


好運石
言い伝えによれば、嘗て大茅君は遥々陝西咸陽から句曲山まで来て、薬草を摘み、それを丹薬にして人々を救い、善行を修めた。当時の茅山は通年雨が少なく、風が強い、一帯周辺の上空も砂埃に覆いつくされ、人々は頭巾をしても、帰宅した後、口の中は砂だらけ、そのため日常生活や農作共に不便であった。だが、山の風にも負けず、山の傾斜にも負けず、茅盈は毎日朝から晩まで山中で薬草を探し続けた。疲れた時、お腹がすいた時、この石に寄りかかり、携帯食や泉で飢えしのいていた。不思議なことに、彼が石のとある方向に立てば、山からの風を遮ることができた、時間の流れにつれ、茅山の風は小さくなった。茅盈が修行を終え仙人となった後、茅山から以前のような強風が消えました。人々はこの聖人の功徳に感謝をし、この石を「好運石」と呼びようになった。



棋盤石
茅山周辺のスポットである徳祐観遺跡の西南からほど近くに、碁盤の如く平らな天然石の石板がり、人呼んで棋盤石。




白鶴泉
泉の水は人に透き通りかつ甘さを感じさせ、彼女は清純にして艶かしくなく、世の転変を感じさせるも不器用さはない。彼女は天地の粋を集め、太陽と月の光を吸収した一つの精霊である。


雷劈池
茅山周辺のスポットには2つの雷劈池があり、一つの水は硫黄の味をしており、一つの水は美味しい水の泉である。言い伝えによれば、元々三茅峰の頂に飲めるような水はなく、天雷が落ち一つの池をなしたが、しかしそれは硫黄が味をしており、飲めない。後に、天雷が再び落ちて、近くにもう一つの池を創り、その味は蜜の如く甘いものでした。


トップページ
概況
茅山観光地の紹介
全域の旅
美しい景色の写真
全景を漫遊
ムービー鑑賞
情報
観光客向けサービス
おすすめ旅プラン
観光スポット
元符万寧宮
祟禧万寿宮
華陽洞
仙人洞
喜客泉
抗戦勝利記念碑
新四軍記念館
その他
文化
道教文化
紅色文化
養生文化
詩詞石刻
プラン
おすすめグルメ
おすすめ宿泊施設
観光地内の交通
旅の王道プラン
おすすめ特産品
おすすめ娯楽
茅山湖
全体計画
重要プロジェクト
プロジェクト誘致
掲示板
オンライン掲示板

サイトの地図友情リンク プライバシー政策著作権声明常见问题 一般的な問題 アンケート

Copyright © 2018 中国 • 句容茅山観光地管理委員会 All Right Reserved 苏ICP备11060443号 ホームページ作製:MCANTS

アドバイス