祟禧万寿宮

  祟禧万寿宮、通称紅廟。元は南朝に建設された「曲林館」、後に陶弘景の「華陽下館」となる。唐貞観(627-649)の時、唐太宗は王法立(王遠知)のために「太平観」を建設する。寧勅で「祟禧祠」に改められ、元延祐六年(1319年)に「祟禧万寿宮」の名を賜れた。



トップページ
概況
茅山観光地の紹介
全域の旅
美しい景色の写真
全景を漫遊
ムービー鑑賞
情報
観光客向けサービス
おすすめ旅プラン
観光スポット
元符万寧宮
祟禧万寿宮
華陽洞
仙人洞
喜客泉
抗戦勝利記念碑
新四軍記念館
その他
文化
道教文化
紅色文化
養生文化
詩詞石刻
プラン
おすすめグルメ
おすすめ宿泊施設
観光地内の交通
旅の王道プラン
おすすめ特産品
おすすめ娯楽
茅山湖
全体計画
重要プロジェクト
プロジェクト誘致
掲示板
オンライン掲示板

サイトの地図友情リンク プライバシー政策著作権声明常见问题 一般的な問題 アンケート

Copyright © 2018 中国 • 句容茅山観光地管理委員会 All Right Reserved 苏ICP备11060443号 ホームページ作製:MCANTS

アドバイス